保険CM掛け捨てではありません。の大ウソ

保険CM掛け捨てではありません。の大ウソ

保険CM掛け捨てではありません。の大ウソ

 

よくテレビCMで、
この保険掛け捨てじゃありません、お金が戻ってくるんです」
なんてやっていますが、

これ、大ウソです!
(*_*)

騙されちゃいけません!

 

戻ってきますって言ってても

 

全額戻ってきますなんて一言も言ってないですからね!
 

本当にこんないい加減なCM流していいんだろうかっていつも思っっています(-.-)

 

みんな勘違いしてしまいますよね・・

 

一部積立性があるということで全額ではないんですよ。
 

今日は、この辺の仕組みを紐解いていきたいと思います!

 

 

まず保険料、毎月支払っていく掛金。

この内訳なのですが、
例えばなんですけど

 

月3,000円の掛け捨て保険があったとして保険期間10年だとしますよね

 

そうするとその3,000円の内訳としては
まず経費
部分があります。

 

保険会社の運営費ですね。

オフィスの賃料や社員の給料。

電気代とか・・

後は代理店の手数料なども

 

いろんな経費がかかります。運営する経費です。

当然お金がかかりますよね。

そして次に、

 

本当の保険部分。があります。

これは実際に保険の支払いに充てる部分です。

 

事故(死亡や入院)があった時にお客さんに支払う部分です。
 

これは保険会社の中でストックして置いたり運用して持っていたりしないと、いざという時に支払いできません。

ということで、お客さんが支払う月々3000円には、
これらが全部含まれて3000円ということになります。

では、今回テーマの

掛け捨てではありませんって言ってる保険。

これはどういうことかというと、実は2タイプあるのですが、
多くは次のように一部積立部分があるだけというタイプなのです。

例えば毎月5000円。
保険期間10年。

 

この5000円全部の内訳は、単純に先ほどの3000円掛け捨ての部分と2000円の積立部分ということです。(あくまでイメージで細かい数字は適当です)

 

掛け捨て保険に単純に積立部分を乗っけて、総額で2000円ほど高くなってるだけ、ということです。

 

厳密に言うと、積立部分を運用するので若干掛け捨て部分が特になるのですが・・

でも本質的には
経費部分+積立部分ということで

積立部分を余分に払っているだけで、掛け捨てバージョンにしたらもっと安いっていう話です。

 

余分に上乗せしてる積立部分を満期時に返してるだけの話になるわけですよ(-_-)

 

これって、
掛け捨てではありません」と宣伝する話じゃないと思いませんか?
 

現実的にはほぼ掛け捨てですよね?

 

ここの辺、何も言わないでただ「お金が戻ってきます」って

 

掛け捨て3000円部分に、

要はちょっと積立の部分を乗せてるだけじゃない?

 

なので、掛け捨てではありませんが

 

全部帰ってくるなんていう言葉に騙されてはいけません。

勘違いしては

 

絶対にCMをまともに信じてはダメです!


P.S.

本当に全額戻ってくるタイプも実際にはあるのですが、それはまた仕組みが違うので、別の動画やブログでまたお伝えしますね!

下記の講座をプレゼント中です!