女性や初心者のための

やさしいお金のコーチ

初心者向けに安全性の高い投資や資産運用を教える専門サイト!お金と経済の知識を身に付けて自由なライフスタイルを実現!

70歳以降にかかる医療費はなんと1300万!?【医療保険は必要か?】

70歳以降にかかる医療費はなんと1300万!?
【医療保険は必要か?】

2020.8.20
70歳以降にかかる医療費はなんと1300万!?【医療保険は必要か?】
(5分49秒)
 

今日はですね、70歳以降にかかる医療費はなんと1300万という話になるんですけども、これはですね日経の記事に載ってたのですが58歳の男性の話です。
 

 

今年初めネットでこんな記事を見て不安になったって話なんですね。

 

前回、医療保険についてお話したので今回こちらについて詳しく話していきたいと思います。
 

 

まず、生涯医療費ですね

 

これが厚生労働省のデータで一人当たり 生涯医療費用に2,600万かかるよと

 

そしてその半分は70歳以降にかかるんだよというのが

 

ネットに出てて

 

58歳の男性がですね、じゃあ70歳以降は1300万ってことか~

どうしよう、
お金ないな。困ったなーっていう感じらしいんですよね

 

そこでですね

実際どれぐらい費用がかかるのかそれを調べてみました。

 

まず、大きいのが三大生活習慣病ですね。

がん、脳卒中、心臓病と、でこの三大生活習慣病のそれぞれ平均の在院日数それから平均費用がどれぐらいかかるか?

これ見るとですね、それぞれ

98万、178万、164万ってことで

やっぱ結構かかるね。

 

というふうに感じるかもしれないですね。

 

じゃあですね

医療保険は必要か?ということなんですけど

 

ここで民間の医療保険は備えるべきか?

いやいや
最終的な自己負担額ははるかに少ないんだよっていう話なんですね。

 

過剰に心配しないでいいってことですね。

 

それはなぜかいうことなんですけど、冒頭の厚生労働省の医療費も

癌とか病気別の医療費もあるんだけど

 

これはですね、全てですね。全部の総額って話なんですよ。

公的医療保険とかも含めた全部の総額っていうことです。

 

実際はですね、70歳未満だったら

3割が自己負担ってことで7割は国が補助してくることですよね。

 

70歳だと2割とか75歳だと1割とかで、自己負担は1割で済むっていう話なんですね。

 

しかもですね、その自己負担っていうところからさらに高額療養費っていって

減額されるっていう仕組みがあるので
 

最終的な自己負担ははるかに少ないんですよ。

 

高額療養費で70歳以上の方

一般の収入の方

57,600円って書いてます。

 

はいこれ仮に病気を併発してもですね

この額が1ヶ月の条件上限となるということで

 

一般の人だったら

57,600円とかなんですね。

 

なので先ほどの100万とか200万ぐらいの費用がかかるっていうのとか
70歳以降は
1,300万かかるって言うのとは

 

だいぶ差があるわけですね。で、こんな感じですよね

 

もし100万円の先ほどの治療かかったとしても自己負担が30万とか

70歳以上であればに20万とかですよね。さらにですね

 

そっから高額療養費ってのがあって結局自己負担は57,600円だけでほとんどが払わなくていいということになってるって事ですね。

 

実はうちの父親はですね毎月この57,600円がかかっていま病院で治療してますけれども
 

一般的な平均では2人以上の70歳後半の世帯で14,000円ぐらい自己負担っていうふうに出てますね。なので

 

きちんと貯金をしてれば賄える程度っていうことですね。

 

ただ高額療養費制度っていうの対象はこれは差額ベッドとか健康保険が使えないものは対象外で健康保険の範囲ってことですね。

 

差額ベッドとか先進医療とかありますよね

そういうのも使えないとかあるんですけども

 

結局ですね公的医療保険の手厚さっていうのって知っとくのっていうのは大事です。

それから
医療貯金をしておくのが大事ですね。

結局ですね

差額ベッドで個室に入りたいからっていうことで医療保険に入ってるなんていう人もいますけども例えば60日限定の保険とか入っててもですね

 

1日1万円で入院してもMAX60万しか1回の入院出ないとかであれば現金60万円とか持ってるほうがはるかに使えるわけですよ。

 

なのでこの動画ですね

一生の医療保険は安くしましてそれに並行して医療費貯金をしていくと良いよ

っていうことをお勧めしましたが50歳くらいを目安に100万とか医療貯金して

最終的に200万とかなっていればもう十分使えるって事ですね。

 

あくまでも今の段階ですけれども・・

将来この高額療養費制度がなくなっちゃう可能性はもちろんあるんですけども

それにしてもですね

医療保険をその都度入り直すんじゃなくて

医療費貯金っていうのが大事だよっていう話ですから。

 

結局、将来の老後の生活費を運用して増やしていきましょう!の他にですね医療費貯金っていうことですよ

それも作っていかないといけないと

 

人生ですね本当に大変だと思うんですけど

そうやってですね

計画をつくっていくってやっていくっていうことですね。

 

今のところですね大きな病気して70歳くらいになっても

今の段階ではそんなにお金がかからないので安心ですよっていう話でした!

下記の講座をプレゼント中です!